勃起の薬

勃起のメカニズムと男性ホルモン

今まで慣れ親しんできた勃起。いざ勃起しなくなってくるとどうしたんだろうと思います。
なんで固くなんないのか?


日課の朝勃!?回数が激減。
そんな時がやってきたら要注意です。男性ホルモン(テストステロン)の減少が原因かもしれません。この男性ホルモンの減少は、男性の体に様々な変化をもたらします。男性性機能の低下や内臓脂肪の増加、筋肉量の低下がメタボ、ED(勃起障害)などにつながります。


<<<安心して勃起につなげる最強サプリコンビはこちら>>>


勃起のメカニズム

健康な男性で、いつも朝勃していたら、勃起のメカニズムに関心を持つこともないと思います。
でも、勃起に自信がなくなってくると、色々調べてみたくなるのが人情ですね。それでは、勃起の神秘を御覧ください。


勃起の流れは3つのステップを経て勃起に到達します。
①「脳」が性的刺激をチャッチ。②「神経」が性的刺激を伝令。③血液が「血管」を通ってペニスに突入。これが勃起の一連の流れになります。


人間の行動は、脳から指令が出ています。
「性は脳なり」と言ったお医者さんがいるそうですが、目で見て、触ったり、匂いなど五感から、脳の視床下部が性的な興奮をキャッチしたところから始まります。


受け取った性的興奮情報は、脊髄を通り抜け、腰のあたりにある勃起中枢がペニスの陰茎海綿体の神経に伝えます。ここで、海綿体というスポンジ状の組織の空洞に動脈から血液が一気に流れ込みます。
海綿体が血液で膨張すると、海綿体を包んでいる白膜が伸びて静脈を圧迫して、海綿体から血液が流れ出ないようになります。こうして、海綿体内の血圧が高まり、固く勃起するという仕組みになります。


勃起の仕組みはわかりましたが、では、どんな状態のときに勃起するのでしょうか。
もちろん性的興奮を覚えたときなんですが、緊張している状態ではだめなんです。リラックスした状態でないと勃起しないのです。


人間の自律神経には、活発に動くときに働く交感神経と、体の休息状態で優位になる副交感神経があります。勃起するのは、副交感神経が優位にある状態の時なのです。
寝ているときや朝勃ちのとき、正にリラックスしているときですよね。だから、セックスのときに緊張していると思うように勃起しないわけです。

そして、この勃起の流れで重要な役割を果たす、「脳」「神経」「血管」のどれかに問題が生じるとED(勃起障害)になってしまいます。


男性ホルモンの働き

男性ホルモンとEDには深い関係があります。男性ホルモンにはペニスが勃起するときに必要なNO(一酸化酸素)を増やす作用と性欲を高める作用の2つの働きがあります。
ですから、男性ホルモンの減少でそうした働きが弱まり、EDへの可能性が高まるわけです。


その他にも男性ホルモンの減少で筋肉が落ち、内臓脂肪を増加させます。これは、動脈硬化につながります。
男性の動脈の中で、一番細い動脈はペニスの動脈です。動脈硬化は最も細い動脈から始まります。


そうです。ペニスの動脈が詰まれば、海綿体への血流は減り、勃起しづらくなってしまうということです。
性器の動脈が50%閉塞するとEDを発症します。


生活習慣の改善が勃起に効く

加齢による男性ホルモンの減少は仕方のないことです。しかし、それを加速させる要因である、ストレスや悪い生活習慣は、個人の努力によって改善する可能性があるわけです。


運動をして、上手に気分転換を図りストレスを減らし、バランスの良い食事をとる。さらに、普段の食事だけでは補いきれない男性ホルモンを増やす栄養を、効率的に取り込める天然物サプリがおすすめです。


<<<安心して勃起につなげる最強サプリコンビはこちら>>>