勃起の薬

ED(勃起障害)の予防は朝勃チェックから始めよう

ED(勃起障害)を予防するにはどうしたらいいのか?
勃起に影響を与える男性ホルモンの減少は加齢とともに進みます。そんな自然現象に抗っていけるのか。
心配ですね。でも、大丈夫。男性ホルモンをコントロールしていきましょう。


<<<安心して勃起につなげる最強サプリコンビはこちら>>>


ところで、みなさん男性ホルモンが増えるときってどんなときだと思いますか?
面白い実験結果があります。


学生にファミリーカーーとポルシェのカブリオレで町中を走ってもらった結果、ファミリーカーでのドライブは男性ホルモン(テストステロン)の値に変化なし。しかし、ポルシェに乗って走ったあとにはテストステロン値が上昇しました。
男は単純、見栄っ張りと言われかねませんが、カッコイイと思うこと、思われることをするのは、男性ホルモンアップにつながります。これは、勃起に貢献しますね。


一方、勃起にとって悪い例も上げておきましょう。
それは、タバコです。日本たばこ産業の調査で、日本人男性の3割が喫煙者というデータがあります。また、ED患者の8割が喫煙者という調査結果もあります。この数値を見ただけでも客観的にタバコはアウトです。


ではどうしてタバコを吸うとED(勃起障害)になるのか?
それはタバコの成分であるニコチンが末梢血管を収縮させてしまうからです。ペニスの動脈は人間の体の中で一番細い動脈です。血管が縮めば血の流れは悪くなります。更に喫煙は動脈硬化も後押しししてしまいます。


男40を過ぎると「あれっ?いままでと違う。」という場面が出てきます。
そんな場面にED(勃起障害)への予兆が隠れているんです。

朝勃ちチェック

朝勃ちは男性の健康のバロメーターでもあります。
ED(勃起障害)は心筋梗塞や脳梗塞につながります。「おや、最近朝勃してないんじゃないか?」と思ったら、迷わず朝勃チェックです。


男性は寝ている間に4-5回勃起しています。寝ている間なので正確に言うと朝勃ちではなく、夜間勃起現象と言います。
寝ている時間はリラックスタイム、つまり副交感神経が優位な状態にあり、勃起の条件となっています。男性ホルモンのテストステロンは寝ている間に体内で作られるので、これも高い状態にあります。
そして、レム睡眠のときに勃起するということです。人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返します。このレム睡眠が巡ってくる回数が4-5回あります。


朝勃ちに巡り合うときは、ちょうどこのレム睡眠のときに目覚めたときなのです。
睡眠時間が不規則であったり、疲れが溜まっていたりで、起きたタイミングで朝勃に巡り会えないこともあります。
それでも、1週間以上朝勃に巡り合っていないようならば、朝勃ち(夜間勃起現象)チェックを試みましょう。


勃起チェックはスタンプ法が簡単

朝起きたときに勃起していれば問題はないのですが、1週間以上はたまた1ヶ月位かななんて方は、今夜すぐに実施しなければなりません。
やり方は至って簡単。3-4円くらいかな?


スタンプ法は手軽にできます。よる寝る前に、自分のペニスにぐるりと切手を巻きつけて寝ます。朝起きたときに切手のつなぎ目のミシンがどこか切れていれば、夜間勃起現象があったという証拠です。

郵便局で1円切手を購入するときに注意が必要です。縦でも横でも良いのですが、必ず切手が繋がった状態で購入しましょう。その長さは、自信のペニスをぐるっと巻ける長さです。


この実験を1週間やって、1度も切れていなかったら、すぐに病院へ行って診察をしてもらうことをおすすめします。


男性ホルモンを減るのを防ぐことが大事

男性ホルモンとED(勃起障害)は深く結びついています。
男性ホルモンには勃起に必要なNO(一酸化酸素)を増やし、そして、性欲を高めます。こうした働きは、男性ホルモンの現象とともに弱くなります。


男性ホルモンの減少の3大原因は、年齢から来る減少、ストレスから来る減少、生活習慣(運動不足、偏った食生活)から来る減少です。
働き盛りの中年の方に、条件が一致しますね。


普段の生活の中で、ストレスを溜めないように工夫をして、生活習慣を改める。そして、食生活だけでは不足しがちな男性ホルモンをコントロールするのに必要な栄養を、天然成分のサプリで補うのがおすすめです。


勃起のためだけの勃起薬も決して悪いわけではありません。しかし、男の力を根本的に改善したいなら、生活習慣の改善と天然サプリの応援で、効果的に体質改善をすすめると良いです。


<<<安心して勃起につなげる最強サプリコンビはこちら>>>