勃起の薬

ED(勃起障害)を予防するには

40代、50代の男性がED(勃起障害)の予防をするということは、自分自身の健康維持にかなり貢献します。逆に言えば、健康ならば勃起するともいえます。


男性機能の低下は、男性ホルモンの低下が疑われます。ですから、できるだけ男性ホルモンが低下しないよう、体をメンテナンスしていきましょう。


<<<安心して勃起につなげる最強サプリコンビはこちら>>>

ED(勃起障害)にならないための心得

  1. 毎日、勃起勃起させる
  2. 女性を意識しよう
  3. 自分の行動を締め付けない
  4. ストレス回避
  5. 食生活の改善
  6. 運動してますかー
  7. タバコはヤバイ
  8. 趣味を楽しんでますか

いかがでしょうか?
ここで上げているすべての項目を必ずやるなんて思わないでください。それだけでストレスになってしまいます。ストレスになっては逆効果です。
こうしたことをするのに、何かそれぞれ目標みたいなものができて、日々取り組んでいけるようになるといいですね。気軽に楽しんで取り組んでみましょう。
それでは、ひとつひとつ確認していきます。


毎日、勃起勃起させる

ポイントは、朝勃ではなくて自分の意志で勃起させることです。そして、勃起を実感することが大事です。しっかり、勃起を見て脳にその姿を焼き付けましょう。もちろん射精したっていいです。
男性機能が落ちすぎてしまうと、ED治療薬(バイアグラやシアリス)なども効かなくなってしまいます。
毎日の勃起が、新鮮な血液をペニスに送り、血液を貯める海綿体も海綿体の膨張を受け止める白膜もそれぞれしっかり機能させましょう。
基本は、使わないと衰えるということです。


女性を意識しよう

勃起の始まりは、性的な興奮を脳が受け止めるところから始まります。
タイプの女性を見ると「おっ」と見てしまう。エッチな好奇心を持ち続けること。エッチビデをを見たいと思うなど。そうしたことで、脳が性的な刺激に反応するチャンネルを持ち続けましょう。


自分の行動を締め付けない

EDの原因の一つ心因性によるものがあります。ポジティブ思考がいいです。悩みすぎない。
40・50歳となれば、たまにちんちんが肝心のときに言うことを聞かないなんてこともあります。でも、気にしない。
普段からしないといけないとか、すべきだとか思って、自分の心を締め付けないことです。


ストレス回避

ストレスは言わずと知れた、万病の原因です。ストレスは男性ホルモンの減少の大きな原因の一つです。
正直、ストレスを回避するのは難しいことです。一つでもいいので、「まっいいか」と思えるものを増やしていきましょう。
毎日笑うといいですよ。


食生活の改善

食生活の乱れや不規則な生活習慣は、体内で作られる男性ホルモンの生成に影響しくます。
男性ホルモンは寝ている間に作られます。栄養バランスを考えた食事を取り、しっかり睡眠をとることが、なにを持っても男性ホルモンアップに欠かせません。
まずは食べすぎないようにすることから始めましょう。


運動してますかー

下半身を鍛えることで、筋肉を維持し、血流を良くします。また、有酸素運動をすると、一酸化酸素が出ます。この一酸化酸素は勃起にはなくてはならないものなのです。
しんどいですが、快楽のためにはスクワットと走り込みがおすすめです。


タバコはヤバイ

アメリカの研究では、喫煙者は非喫煙者の2倍の割合で、中程度から完全な勃起障害を発症したというデータがあります。
ここは、多くを語る必要はないですね。


趣味を楽しんでますか

これは大事なことなんです。仕事以外で自分の場所を持つということですね。
ストレスの発散はもちろんのこと、熱中したり、新しいことに挑戦する、男の仲間と遊ぶ、体を動かすなど、みな男性ホルモンが活性化する要素なんです。
休みの日は切り替えて、趣味の時間をエンジョイしましょう。ただしお酒の飲み過ぎには注意です。


予防には男性ホルモンのコントロールが欠かせない

ぜひ、この8つの心得を実践していただきたいと思います。小さなことでいいので、続けていくことが肝要と思います。
心身ともに健康であれば、勃起し続けるわけですが、それでも確実に年とともに男性ホルモンの量は減っていきます。


ここで勃起しないといけないというときには、ED治療薬がしっかり効果を出してくれます。しかし、ED治療薬は医師の処方が必要です。
医者へ行かなくても、8つの心得を実践しながら、普段の食生活だけでは不足しがちな男性ホルモンへの栄養補給を安全な天然成分サプリで補えば、鬼に金棒。勃起にアルギニンです。

<<<安心して勃起につなげる最強サプリコンビはこちら>>>